【子どもの習い事】どれがオススメ?│体験談とメリット・デメリットを解説!

今日は、うちが子ども達にさせてきた

習い事

について書いていきたいと思います。

 

この記事はこういう方にオススメ!

✔これからやらせる習い事の参考にしたい

✔習い事のメリット、デメリットを知りたい

 

 

うちは長女(中3)と次女(小5)がおりますが、いろいろやらせてきて、良かった事もありましたが、逆にやらせなければよかった事も多々あります。

習い事は、良い面や悪い面、またはその子に合う合わないがありますので、これから子どもに習い事を・・・と考えている方の参考になれば幸いです。

 

うちがやった習い事をざっと紹介!

まずは、うちがやった習い事を以下に書きます。

長女

✔ピアノ教室(ヤマハ)

✔スイミング(朝日スポーツクラブ)

✔空手(伝統派)

✔算盤

 

 

次女

✔ピアノ(個人教室)

✔スイミング(朝日スポーツクラブ)

✔空手(伝統派)

✔公文

 

次女と被っているものもありますが、まずは長女の習い事について書いていきたいと思います!

 

ピアノ教室(ヤマハ)

最初の紹介は、常に習い事ランキング上位のピアノです。

 

 

月謝は1h 8000円(月4回)くらいだったと記憶しています。

カミさんが昔ピアノを習っていたため、どうしてもやらせたかったらしく、長女が年長の時にやらせました。

 

ピアノをやらせた結果

教室によると思いますが、うちの場合はグループレッスン方式でした。

入会した後、最初は問題無かったのですが、徐々にうちの子が遅れ始めどうしても周りと比べてしまうので、家でカミさんがイライラする事が増えました。

毎回宿題を出されるから長女もだんだんと楽しくなくなってきて、家で宿題をやっている最中、遂にカミさんが爆発する自体になってしまいました。

 

 

そこで私が間に入り、何とかカミさんを説得し、退会する事ができましたが、長女への心のダメージと無駄なお金が掛かっただけの結果となりました(説得するのも大変だったし・・)。

ピアノをやらせたいと思っている方は、以下の事に気を付けて下さい。

 

✔グループレッスンか、個人レッスンか確認すること。

✔毎回宿題が出されるため、親が音符が読めないとハードルが上がってしまう。

✔楽器を弾くのが好きでなければ辛いだけなので、それを見極めることが大事。

✔集合住宅だと下階や隣に響くため、防音対策をしてもクレームが来ることを覚悟しなければならない。

これらの事がクリアできれば、習い事として良い経験が積めると思います。

 

メリット

ピアノが弾けると、小学校~中学校の音楽発表会の伴奏に抜擢されるし、大人になっても趣味として楽しめるし、精神の安定にも音楽は最適ですよね。

また、発表会やコンクールも経験できると、後々の大きな財産になります(うちは発表会に出ました)。

 

 

デメリット

デメリットとすれば、音符が難しく、ピアノをやったことが無いには宿題のハードルが高い事と、楽器が高い事、クレームに繋がりやすい事でしょうか。

また、親と一緒にやる習い事なので、出来ないとキレられやすいのもありますね・・・。

 

なお、この反省から次女は個人レッスンをやりましたが、こちらは上達するのが早かったです。

個人レッスンはマンツーマンでピアノをやるので、上達を求めるなら断然、個人レッスンがオススメです。

ただし、こちらも毎回宿題が出されますので、親が自制心を持って取り組まないと、長女のようにピアノが嫌いになってしまいます。

結局次女も、宿題をやらせるカミさんがすぐ不機嫌になってしまい、こちらも上級テキストに行く前に退会してしまいました。

 

親が自制心を持ち、ピアノを好きになってもらいたい!という気持ちがあれば、とても良い習い事だと思います。

 

 

スイミング(朝日スポーツクラブ)

つぎは、習い事の王様「スイミング」です。

 

月謝は、7000円(月4回)ほどだったと思います。

スイミングはメリットが多い事が知られていますよね。

 

✔免疫力が付く。

✔全身運動のため、筋力が付く。

✔有酸素運動のため、太りにくくなる。

✔スタミナが付く。

✔プールの授業でヒーローになれるw

ざっと上げただけでもこんなにあります。

 

スイミングをやらせた結果

色んな習い事をやらせてきましたが、スイミングが一番、無理なくできたと実感しています。

1年くらいやれば、たいていはクロールまではいけるので、クロールを25m泳げるようになったら退会してもいいですし、入りやすく辞めやすいのも敷居が低くお手軽です(購入備品も水着、帽子、ゴーグルだけだし)。

 

 

1番のメリット

なお、うちの場合は、長女を2つの大会に出場させました。

会場は習志野の国際総合水泳場という、とてつもなくデカイ施設です。

 

(”まいぷれ”より引用)

こんな大きい会場で長女は緊張しながらも、見事クロールと平泳ぎの2種目(50m)に出場し、8人中6位になりました。

その経験は今でも生きており、学校の行事で物怖じせず立候補できたりしてるので、効果は確かにあったと思っています。

 

なので、せっかく習い事をやらせるなら、是非とも大会に出場させてほしいと思います。

大舞台で他の子達と競争するという事は、その子の眠っている力を呼び覚ます事にもなりますし、プレッシャーを感じながら勝負をするのも良い経験になりますので、大会には積極的に参加してほしいと思います。

 

デメリット

さて、デメリットをあえて挙げるとすれば、中耳炎になる可能性がある事くらいですかね。

あとは、さしたるデメリットは無いと思います。

それくらい、優れた習い事という事でしょうね。

さすが、習い事の王様です!

 

 

空手(伝統派)

さて、ここで空手が出てきましたよ。

 

空手も、子どもに人気の習い事です。

会費が安い(うちの道場は月4000円で、週に3回ほど練習できます)、礼儀作法を学べる、格闘技なのでイジメにも強くなる、全身運動なので筋力も付く などメリットも多いですね。

しかし、デメリットもやはり多いですね、この競技は・・・。

 

組手が怖い・・・・

まぁ、私の肌感ですが半分くらいの子は、組手が嫌いですね。

組手画像↓

(”全日本空手道連盟”より引用)

怪我をする可能性もあるし、なによりトラウマになる子もいるんですよね・・・。

うちの長女は小学1年生からやらせましたが、組手は滅茶苦茶嫌いでした。

もう、「絶対に組手練習に参加しないぞ」という意思がビンビン伝わりました。

 

他の子でも、組手でメタメタにやられ、そのうち来なくなる子も一人や二人ではありません。

自分の子が暴れん坊であれば是非、やらせた方が良いと思いますが、大人しい子を強くさせたいという願望を持っているのなら、無理に組手をやらせない方が賢明です。

それでもやらせたいという方は

組手中心の道場は辞めて、形中心の道場に入門させた方が良いでしょう。

(“JOC”より引用)

 

形だけでも十分強くなれますし、気持ちが強くないと絶対に形では勝てません。

そして、最初は形だけでやってた子でも、そのうち組手ができるようになるケースを何人も見てきているので、無理に組手をやらせず、形から入るのもおススメです。

 

そして、この空手もスイミングと同じく大会に出場させるべきだと強く思います。

 

大会に出て、他の子と1対1で形や組手で戦うというのは、めっちゃ緊張します。

大人の私でも5年間くらいは、形試合で手が震えていました。

子ども達もそれは同じで、試合会場でよく泣いている子を見ます。

しかし、涙の数だけ強くなるんです、人は(そんな歌あったな・・・)。

 

 

メリット

うちの次女も最初はよく泣いてましたが、最近では泣かなくなり、プライベートでも気持ちが強い子になりました。

空手は尋常ではない胆力が付くので、ちょっとやそっとでは物おじしない子になる事ができるので、道場選びをきちんと行い、試合に出場し続ければ、きっと強靭な精神力を手に入れる事ができると思います。

 

デメリット

ただし、道場によっては、強さを勘違いしてしまう子もいるのは事実です。

組手だけ強くさせて、礼儀や他者への思いやりなど二の次三の次という道場もあります。

負けて不遜な態度でコートを出る子ども達を何人も見てきてますので、道場によってその子の気質が変わってしまう事もあります。

武道をやらせたのに、礼儀や思いやりは育めず、強さこそが全てになってしまう道場もあるので、仮入門の前にどういう指導方針か事前にチェックする事を強くオススメします。

 

空手の種類

※空手は2種類あり、寸止めの伝統派空手と、直接殴り合うフルコンタクト空手があります。

同じ空手でも競技ルールが全く違うので、事前に調べてからの見学をオススメします。

 

 

算盤

算盤もある意味、習い事の王様ですね。

 

 

 

メリット

月謝は、だいたい月6000円(週一回)で、教われば誰でもできるし、気が付くと計算が早くなって数字に対しても抵抗感が無くなるので、とりあえずやらせるだけでも効果は見込めます。

私も算盤2級を持ってますが、暗算は今でも早いし、数学が苦手でもなんとか赤点を回避できたのは算盤のおかげだと今では思います(当時は思わなかった)。

 

デメリット

算盤のデメリットは、すぐに学校の問題が解けるようにならない

に尽きるのではないでしょうか。

やらせてはみたものの、一向に算数の成績が上がらないという子達は多いと思います。

 

算盤は、気が付いたら数字に抵抗感が無くなるというような、ふわっとした効果が望めますが、算盤をやったからといって、いきなり算数に強くなることは絶対にないので、結果を求めず気長にまったりやらせる方針であればオススメです。

 

あ、うちの子ども達の結果については、やらせるのが遅かったので、効果は全くありませんでした。

長女は1年くらいやりましたが、算数が得意になった感じは全くありません。

先に書いたように、長くやっていると気が付いたら数字に抵抗感がなくなっているという感じなので、即効性を求めるのであれば、算盤は向かないと思います。

こちらも、やらせるのなら小学校低学年のうちが良いと思います。

 

 

公文

次女は4年生の途中から公文をやりました。

 

 

 

理由は

絶望的なくらい算数が出来なかったからです。

 

このままでは、中学で数学のテスト一桁確実・・・・という惨憺たる成績だったので、急いで公文へ入会させました。

 

メリット

そして、今日でおおよそ1年が経ちましたが、成果としては

 

かなり上々だと実感しています。

 

割り算が大の苦手だったのですが、今では3桁の割り算ならスラスラ解けますし、他の計算問題もかなり強くなっているのが見てわかります。

1年でこの上達具合なので、早くやればやるほど有利なのは間違いないです。

 

月謝も月7000円(週2回)でリーズナブルだし、宿題も毎回出されるので、勉強習慣も付きます。

 

今では次女は、「宿題やりなさい!」と言われなくても、自分で宿題(学校の含め)を終わらせることができるくらい、勉強習慣が付いています。

 

また、公文は算数だけでなく、国語や英語など他の教科もありますので、お子さんの強化したい科目を選ぶことができます。

カミさんのママ友は、中学受験対策として公文の英語をやらせた結果、点数が上がったとの報告もありましたので、受験対策としても効果があると思います。

 

デメリット

メリットを挙げてきましたが、デメリットも勿論存在します。

私の同僚が公文をやっていたのですが、公文をやった経験として

考える能力が付かない

と言ってました。

 

公文はとにかく同じような問題を何十回と行います。

そういうトレーニングを重ねると、もう、問題を一瞬見ただけで答えが分かるようになるのですが、その癖が付きすぎてしまうと瞬間的に考える事はできますが、熟考することができなくなるとの事。

まぁ、それは全員に当てはまる訳ではありませんが、1つの例としてご紹介させて頂きました。

 

まとめ

いろんな習い事をやらせた結果、効果があったものもあれば、無かった(むしろマイナス)ものもありました。

 

効果があったものについては以下の通りです。

 

✔大舞台の経験を積んで、物怖じしない強い心が育まれた(スイミング・空手)

✔泳ぐことができるようになった(スイミング)

✔運動で身体が強くなった(スイミング・空手)

✔算数の計算ができるようになった(公文)

✔宿題をすぐにやる習慣が付いた(公文)

スイミング最強説を裏付ける結果になってしまいました。。。

そりゃ、習い事の王様と言われますよね。。。

空手については、その競技にむいていれば効果はスイミング並みにありますが、組手に対して苦手意識を持つか持たないかで効果が分かれます。

 

公文も、デメリットを大きく上回るメリットがあるので、こちらもオススメですね!

 

 

 

効果が無かったものについては以下の通りです。

 

✔宿題の難易度が高すぎて挫折(ピアノ)

✔親に怒られてばっかりなので、ピアノ自体が嫌いになった(ピアノ)

✔組手が怖くて挫折(空手)

✔始めるのが遅すぎて効果なし(算盤)

別に🎹に恨みを持っている訳ではありませんが、やはりピアノが出てきてしまいましたね・・・

うちは、長女、次女二人にやらせましたが、二人共見事に挫折しました。

こちらは、親の力がめちゃくちゃ大きいです。

宿題をやらせる時に絶対に怒らず、まわりと比較せず、いかに楽しくできるかが鍵となります。

空手については、長女は組手が大嫌いだったので、こちらも先述したように組手との付き合い方で効果は大きく変わります。

 

算盤は、早く始めれば始めるほど効果が出ます!

しかし、あくまで数字に対して抵抗感を無くす事が算盤のメリットなので、算数や数学の点数アップを求めるのは辞めたほうがいいでしょう。

 

いかがだったでしょうか。

習い事は、ただやらせるだけでは効果が出ず、親の教え方やいろんな経験をさせたいという思いがあれば絶対に効果が出るので、私の挙げた情報が今後の参考になれば幸いです😌

他にも、上記の習い事で聞きたいことがありましたら、コメント欄に遠慮なく書き込んで下さい🤭

コメント

タイトルとURLをコピーしました